<th id="ashai"></th>
  • <rp id="ashai"></rp>
    <button id="ashai"><object id="ashai"></object></button>
        1. <em id="ashai"><acronym id="ashai"><u id="ashai"></u></acronym></em>
          <rp id="ashai"><object id="ashai"></object></rp>
          <ol id="ashai"><samp id="ashai"></samp></ol><button id="ashai"></button>
          <s id="ashai"><samp id="ashai"><listing id="ashai"></listing></samp></s>
          <button id="ashai"></button>
        2. <rp id="ashai"></rp>
          <li id="ashai"><object id="ashai"></object></li>

          返回首頁

          江川蘭子-赤泉(一)

          時間: 2022-04-10    進入日語論壇
          核心提示:江川蘭子江戸川亂歩赤き泉 ビヘヴィアリズムの新心理學によれば、人間生涯の運命というものは、遺伝よりも教育よりも、生後數ヶ
          (單詞翻譯:雙擊或拖選)

          江川蘭子

          江戸川亂歩

           

          赤き泉


           ビヘヴィアリズムの新心理學によれば、人間生涯の運命というものは、遺伝よりも教育よりも、生後數ヶ月の環境によって殆ど左右されるものだそうである。で、女妖江川蘭子(えがわらんこ)の悪魔の生涯も、恐らくは彼女の赤ちゃんであった時代の世にも奇異なる環境のせいであったに違いない。
           ワットサン氏(いわ)く、赤ちゃんに対しては「一見明白に()だ二つの刺戟が、吾々が恐怖反応と呼ぶ行動の型を呼び起す。その一つは高い音であり、他の一は支持の滅失である」
           赤ちゃんが鋭い物音におびえ、寢ている敷蒲団を急激に引かれたり、お湯に入れた剎那(せつな)などに泣き出すのがそれだ。むつかしい言葉で言うと、その時容易に観察される反作用は、呼吸の急激なる停止、動悸(どうき)及び呼吸の調子の(いちじる)しい変化、號泣及び両手を上方に投げることである。
           世の親達は(少くとも母親達は)育児の本能によって、彼等の赤ちゃんに、この二種の恐怖を出來る()け與えまいと骨折るものだ。スヤスヤと寢入っている赤ちゃんの(そば)を歩く時は足音を盜み、お湯に入れる時は、赤ちゃんの身體(からだ)をタオルで巻いて、ギュッと抱きしめてやるという工合(ぐあい)に。
           ところが赤ちゃん江川蘭子の場合は正反対であった。と云っても、必ずしも彼女の若い母親ばかりの罪ではなかったのだが、先ず第一の不幸は、彼女一家の住宅が、余りに高過ぎた事だ。つまり蘭子は有名な大アパートの七階の一室で生れたのである?!敢簸慰植馈工未淼膜胜猡韦扦?、日に三度、アパートの隣の製菓會社のサイレンが鳴り響いた。蘭子はその怪音から二(けん)とは隔たぬ窓際に寢かされていたのである。
          「支持の滅失」の代表的なものは、母親が日に幾度の外出に、彼女を抱いて乗り込む、アパートの高速度リフトであった。その都度(つど)蘭子の心臓は、リフトの床と共に、一剎那に百尺の奈落へと落ち込んで行った。
           第二の不幸は、彼女の両親が非常に若くて(父は二十三歳母は十八歳であった)はつらつとしていて、感情をおし殺す術に不慣れな為に、絶え間なく無邪気な爭闘が行われていたことだ。父と母とはいつもガンガンと怒鳴り合っているか、そうでなければ、歌を唄っていた。歌(だけ)ならいいのだが、若き母のヴァイオリンの伴奏が伴った。それが赤ちゃん蘭子にとって、如何に恐怖すべき音響であったことか。
           それでも、合唱はまだ我慢が出來た。悲慘なる赤ちゃんにとっては、それが(如何に狂暴であろうとも)この世での一番なごやかな子守歌に相違なかったのだから。と云う意味は、父母の闘爭時に()けるはつらつさは、どうして、ヴァイオリンの(かな)()だす恐怖音の如きなまやさしいものではなかったからである。
           その闘爭が激しくなった時には、赤ちゃんは最早(もは)や一個の物體に過ぎなかった。西洋流に云うと一本のパンのし棒に過ぎなかった。つまり生物(せいぶつ)としての存在を失ってしまうのである。具體的に云うと、(はなは)だしい場合には、彼女の父母は、半間乃至(ないし)一間の距離で蘭子の柔い肉塊を、ゴムまりみたいに(ほう)りっこするのである。その時こそ我が江川蘭子は、「支持の滅失」を心行くばかり(あじわ)うことが出來たのである。
           ところで、右の如き事情のみであったなら、江川蘭子は、生長の後、恐らくはダイヴィングの大選手になったことであろうが、彼女の幼時の印象群の內には、この物語を成功小説に終らしめぬ所の、少々毒々しいものがあった。
           と云うのは、第一に(この作者は指折り數えることが好きである)彼女の二十三歳の父はアメリカ風の瀟灑(しょうしゃ)たる悪漢であり、彼女の母は飛び切り美しいけれど、近代風の貞操盲目者であったからである。
           彼女の父は、日頃口癖の様に「ダグラス?フェアバンクスとなって、王侯貴族の生活をするか、でなければ、第二世仕立屋銀次になり()い」と云っていた。つまり彼はスリ、かっぱらい、其他類似の小悪事によって暮しを立てていたのである。

          輕松學日語,快樂背單詞(免費在線日語單詞學習)---點擊進入
          頂一下
          (0)
          0%
          踩一下
          (0)
          0%

          熱門TAG:
          • 上一篇:暫無
          • 下一篇:暫無
          [查看全部]  相關評論
          JAPANESE在线播放国产